「女性の『最高の人生』をお手伝いする東京、表参道の美容院 marianne & 名古屋名東区の美容室 BLESS

marianne ご予約 03-6434-5901

BLESS ご予約 052-760-5170

束感・ツヤがアップ!ヘアワックスの使い方、キホンのキ

A14_49517419_XS.jpg 毛先に動きをつけたりアレンジをしたりするときに、ワックスは欠かせないですよね。ワックスを上手に使うことで、束感を出したりツヤをアップさせたりすることもできます。今回は、ワックスの基本的な使いこなし方をご紹介します!

1.手のひらにワックスを取る
手のひらにパール粒大のワックスを取ります。セミロングの場合、パール粒大を2回つけるくらいが適量。

2.ワックスを手のひらでのばす
両手を合わせて、こすり合わせるようにしてワックスをすりのばします。体温でワックスがやわらかくなるので、ムラがなくなるまでのばしましょう。

3.まずは毛先からもみこむ
髪全体で一番パサつきやすいのは毛先です。両手を使って、下から上に毛束を持ち上げるようにして、もみこみましょう。

4.前髪に束感をつける
前髪全体にワックスをつけてしまうとペタッとした印象に。ワックスのついた指先で毛先だけつまむようにすると、ほどよい動きと束感が出ます。

5.もう一度手のひらにワックスを取る
パール大のワックスをもう一度手のひらに取ります。2のときと同じように、両手を合わせてすりのばしましょう。

6.顔まわりの髪を生えぎわからなでつける
顔まわりは細かい毛が落ちてきやすいですよね。右手で左サイドの髪をまとめたら、左の手のひらで生えぎわから後頭部に向かってなでつけるようにしてなじませましょう。反対側も同じようにします。

7.衿足にもなじませる
髪をまとまりやすくするポイントは、衿足にワックスをつけること。片手で後ろの髪全体を束ねて持ち上げたら、もう片方の手のひらで衿足にワックスをなじませます。

8.毛先を指でつまんで束感を出す
最後に、鏡で全体のバランスを見ながら、束感を出したい部分の毛先をワックスのついた指でつまみます。こうすることで、自然な動きが演出できます。

さて、ひと口にワックスといっても、ハード系やクレイ系、グロス系など、さまざまなタイプのものがあります。髪質によっても着けたときの印象が変わるので、自分の髪質に合うものを探しましょう。

たとえば髪が軟らかく、猫毛のような人は、ワックスを使ってセットしてもなかなかボリュームが出づらいですよね。ワックスを使うと重みで髪がペタッとしてしまうのも悩みどころ。軟毛の人は、クレイ系の伸びのいいワックスで、セット力の強いものを選ぶのがおすすめ。ボリュームを出したい場合は、ヘアスプレーなどであらかじめセットする下地を作っておくのもポイントです。

髪の毛が太く量の多いタイプの人は、ボリュームが出過ぎてしまいがち。そのため、髪の毛を落ち着かせながらセットできる、ウエット系やグロス系のワックスを選ぶのがおすすめです。スタイリングしながら髪の毛のボリュームを抑えて、きれいにセットすることができますよ。

内容が似ている記事

おすすめキーワード

人気のニュース