「女性の『最高の人生』をお手伝いする東京、表参道の美容院 marianne & 名古屋名東区の美容室 BLESS

marianne ご予約 03-6434-5901

BLESS ご予約 052-760-5170

シャンプー&トリートメントのデイリーケアでさわりたくなるウルツヤ髪に

A1_69559701_XS.jpg

1日の終わりのバスタイムは、キレイを磨くための大事な時間。美髪をかなえるためには、デイリーケアを丁寧にすることが一番の近道です。毎日のシャンプーの仕方、見直してみませんか?

<ウルツヤ美髪をつくる5つのプロセス>

1.ブラッシング
シャンプー前のブラッシングはとっても大切! 特に、ロングヘアーの人は、あらかじめブラッシングで絡まりをほぐしておくと、無駄なダメージを防ぐことができます。ブラッシングには、毛がやわらかく、先の丸いブラシがおすすめです。ブラシを持ったら、まずは毛先をほぐしましょう。その後、生えぎわから髪を逆立てるようにブラッシングをします。ブラッシングをすることで頭皮のマッサージもできるため、血行がよくなりますよ。

2.すすぎ①
髪をちょっと濡らして→即シャンプーは、アウトです! 1日を過ごした髪には、整髪剤やホコリなどの汚れがごっそり......。溜まった汚れを落とすためにも、シャンプーをつける前に、38℃ほどのお湯で2~3分ほど髪をすすぎましょう。そうすることで、シャンプーの泡立ちもよくなります。ポイントは、髪の表面に水分をしっかりなじませること。頭皮もしっかり濡らしましょう。

3.シャンプー
「シャンプーは髪を洗うもの」という考えは大きな間違い。シャンプーのターゲットは、実は頭皮の汚れなんです。毛穴とその間に溜まった脂を落とすことを意識して、指の腹でマッサージするように頭皮を洗いましょう。頭皮を下から上へと押し上げるようにするのがコツ。シリコンなど、やわらかい素材でできたスカルプブラシを使うのも効果があります。髪と髪をこすり合わせると、痛む原因になるので絶対にやめましょう。

4.すすぎ②
髪を洗うときに一番肝心なのが、シャンプー後のすすぎです。髪全体に広がったシャンプーは、簡単には落ちてくれません。また、頭皮にシャンプーの成分が残ると、汚れが溜まったり毛穴が広がったりする原因になります。洗い残しがないように、地肌からしっかり丁寧にすすぎましょう。

5.トリートメント
トリートメントやコンディショナーは、髪の表面をやわらかく整えてくれるアイテムです。シャンプーとは異なり、毛先につけてなじませるだけで充分! 地肌につけないように注意しましょう。つけてから、3分ほど時間を置いて流すと、より髪になじんでまとまりがよくなりますよ。トリートメントもシャンプー同様に、しっかり流してしまってOKです。地肌に残ると、フケやかゆみ、脱毛の原因になることもあるので注意しましょう。

内容が似ている記事

おすすめキーワード

人気のニュース