「女性の『最高の人生』をお手伝いする東京、表参道の美容院 marianne & 名古屋名東区の美容室 BLESS

marianne ご予約 03-6434-5901

BLESS ご予約 052-760-5170

髪も日焼けします!紫外線対策で美髪をキープしましょう

1年のうち、特に5月~8月は紫外線量がピークになる時期。紫外線は、髪にも肌にもダメージを与えるため、予防とケアは欠かせませんよね。予防とケアをしっかり行って、ダメージヘアになるのを防ぎましょう!

・毛髪のメカニズムと紫外線によるダメージ
毛髪の主成分であるタンパク質は、アミノ酸のシスティン結合により構成されています。この結合が、紫外線を受けることで分解してしまうのです。システィン結合が分解すると、毛髪のキューティクルがはがれて内部が乾燥します。こうして、枝毛や切れ毛、裂け毛などのダメージヘアができあがってしまうのです。

また、紫外線は毛髪の内部にあるメラニンも分解してしまいます。メラニンの分解によって毛髪の退色が進むため、髪が赤茶っぽい色になってしまいます。 "焼けたような色"の髪は、美しさとはほど遠いもの。美髪をキープするためにも、紫外線対策はハズせませんね!

・帽子や日傘などのアイテムで紫外線から髪をガードしよう
紫外線から髪を守るためには、もちろん紫外線に当たらないのが一番です。でも、夏の間ずっと家に閉じこもっているわけにはいかないですよね。外に出るときは、日傘や帽子を上手に利用して、できるだけ紫外線を防ぎましょう。

日傘を選ぶときは、濃い色で厚手の生地のものを選ぶと安心です。白は紫外線を反射して防ぐのに比べて、黒は紫外線を吸収して防ぐため、濃い色の方が防止率が高いのです。とはいえ、最近の日傘はUV加工が施されているものがほとんど。表示を見て、UV加工がしてあれば、淡い色でも特に問題ありません。

もうひとつ、日傘を選ぶときに気を付けたいのが、裏地の色です。淡い色の場合、アスファルトに反射した紫外線を裏地が反射して、結果的に紫外線を浴びることになってしまいます。紫外線対策のためには、裏地に濃い色を使った傘を選ぶのがおすすめです。

日傘とは反対に、濃い色の帽子は熱がこもり、頭皮が蒸れやすくなります。淡い色でつばが広く、通気性の良い素材でできた帽子をかぶりましょう。

・スプレーやトリートメントで髪の日焼けを防ごう
髪のダメージを少しでも減らしたいなら、UV対策用のヘアケア剤がおすすめです。出かける前にさっと使えるスプレータイプや、紫外線を防ぎながらツヤ髪になれる洗い流さないトリートメントなど、使いやすいものを選びましょう。ただし、ヘアケア剤を使いすぎるのは禁物! 耐水機能の度合いにより、髪を乾燥させてしまう可能性があります。

内容が似ている記事

おすすめキーワード

人気のニュース