「女性の『最高の人生』をお手伝いする東京、表参道の美容院 marianne & 名古屋名東区の美容室 BLESS

marianne ご予約 03-6434-5901

BLESS ご予約 052-760-5170

こんなにある!ヘアブラシの種類

A7_68746588_XS.jpg

雑貨店やドラッグストアには、さまざまな種類のブラシが売っていますよね。「ブラシなんて、どれを使っても同じでしょ」と思うのは、大きな間違い。用途に合ったブラシを使うことで、髪や頭皮の健康を保ち、美髪を長持ちさせることができるんですよ。ここでは、スタンダードな6種類のブラシの違いを解説します。

・スケルトンブラシ
骸骨のような形をした、歯の粗い一般的なブラシです。ブロー、髪のもつれをとるなど、スタイリングに適しています。

・デンマンブラシ
歯が扇状に広がったブラシです。ブローのほか、髪をすくい上げたり逆毛を立てたり、ヘアアレンジに適しています。

・クッションブラシ
ブラシの土台部分がクッション性の高いゴムなどでできていて、頭になじみやすいブラシです。ブラッシングやマッサージ、髪のもつれをとるなど、幅広い用途に使えます。ピン部分が金属性のものは先端が鋭利なものもあります。その場合は、きつくブラッシングしないように気をつけましょう。頭皮への当たりがやわらかいため、シャンプー時の使用には適しません。

・獣毛ブラシ
獣毛は、水分油分の保持力にすぐれています。そのため、髪になじみやすく、ツヤを与える効果もあります。シャンプー時の使用には適さないので注意しましょう。

・頭皮洗浄用ブラシ
丸く手になじみやすい形のブラシです。目が粗く、ピンの部分はゴムやシリコンで作られています。頭皮をマッサージしたり、毛穴の汚れを落とすのに適したブラシで、シャンプー時にあわせて使うと効果的です。髪をとかすような動作をすると、もつれる恐れがあるので注意しましょう。

・スカルプブラシ
シャンプー&ブローブラッシング専用の、髪や頭皮を傷めないブラシです。ピンに弾力性があり、頭皮をやさしく刺激して傷つけにくいつくりになっています。先端が丸くなっていて、汚れを落としやすいところもポイントです。

ブラシは、サイズや形のほか、素材によっても髪に与える影響が変わってきます。ピンの素材には、ナイロン製や金属製、木製、竹製、獣毛製(豚毛や猪毛など)などがあり、特に獣毛製は毛先がやわらかく髪にツヤを与えるため、理想的な素材と言われています。ブラシは毎日使うもの。自分の髪質に合った、こだわりのブラシを探してみましょう。

内容が似ている記事

おすすめキーワード

人気のニュース