「女性の『最高の人生』をお手伝いする東京、表参道の美容院 marianne & 名古屋名東区の美容室 BLESS

marianne ご予約 03-6434-5901

BLESS ご予約 052-760-5170

思い通りの髪型になれるブロー&スタイリングテク

A9_35074915_XS.jpg

ヘアスタイルがうまく決まらないと、朝からブルーな気分になってしまいますよね。前髪がぱっくり割れてしまったり、寝ぐせがついたまま直らなかったり、思い通りに決まらない髪に、苦労している人も多いはず。ブローとスタイリングのコツをつかんで、毎朝の苦労にサヨナラしましょう!

・「寝ぐせは根元から直す」と心得よ!
どんなにおしゃれな服を着ていても、髪に寝ぐせがついていたら台無しですよね。毛先がハネたりうねったりするのは、髪の根元に生えぐせがついているから。そのため、根元を濡らしてドライヤーを当てなければ、寝ぐせは直らないのです。「寝ぐせがついてしまったら、とりあえず毛先を濡らして直す」というやり方は卒業しましょう。

・前髪は「サイドから乾かす」を意識して
前髪がぱっくり割れてしまったり、うまく横に流れなかったりする人は、乾かし方を見直してみましょう。

<前髪が割れてしまう人>
前髪が割れてしまう人は、乾かすときに、真正面からドライヤーを当てていませんか? 前髪乾かすときは、まずドライヤーを持っていない方の手で前髪をすべて左に流し、右サイドからドライヤーの熱を当てます。続いて、前髪をすべて右に流し、左サイドからドライヤーの熱を当てます。最後に、正面からドライヤーを当てて、全体的に乾かします。こうすることで、きれいな前髪をつくることができます。

<前髪がうまく横に流れない人>
前髪を横に流している人は、乾かすときにいったん逆方向に流してみましょう。完全に乾いたところで、前髪を流したい方向に整えると、うまくスタイリングできます。前髪をいつも同じ方向に流していると、生えぐせがついてしまうので、ときどき変えてみるのもいいでしょう。

・ブローのポイントは「髪の流れにあわせる」こと
日本人の髪の多くは、つむじを中心に反時計まわりに渦を巻いて生えています。このため、右側の髪が外ハネしやすい傾向にあります。自分のつむじの毛の流れを確認して、時計まわりなら「後ろから前」へ、反時計まわりなら「前から後ろ」へ向けてブローをすると、スタイリングがうまく決まります。

・ドライヤーは「温風と冷風どちらも使うべし」!
ドライヤーの冷風モードを使ったことはありますか? 「夏場の暑いときに使うんじゃないの」と思っている人もいるかもしれませんね。しかし、そうではありません。実は、ヘアスタイルをキープするために、冷風は欠かせないのです。髪には、水分の影響を受けて形を変える、「水素結合」といわれる性質があります。そのため、ブローの仕上げに冷風を当てると、スタイルが形状記憶できるのです。温風と冷風を上手に使い分けて、きれいに整えたヘアスタイルをキープしましょう。

テキストaテキストaテキストaテキストaテキストaテキストaテキストaテキストa
テキストaテキストaテキストaテキストa

内容が似ている記事

おすすめキーワード

人気のニュース